ソフトタイプのドッグフードって?
チョイス

ソフトタイプのドッグフードって?

はじめてワンちゃんを飼う時には、どのような餌を与えればいいのか悩むことでしょう。
理想的には自分で毎日可愛いペットの餌を手作りしてあげればいいのですが、よほど時間に余裕がなければそのようなことはできません。
ここではソフトタイプのドックフードを中心にいろいろ紹介していきます。

犬と言ってもその種類は多く、子犬、成犬、老犬がいて、ドックフードは犬の成長に合わせて変化させてあげなければいけません。
さらに犬の中にはアレルギー犬や肥満犬もいて、それぞれ専用のドックフードが販売されています。
したがってドックフードには、犬種の他にもいろいろな種類http://xn--qckubrc3d4m.tk/fourth.htmlに分かれて販売されています。

ドックフードは大きく分ければドライタイプとソフトタイプに分類されます。
ドライタイプはその名の通りに乾いていて水分がないもので、ソフトタイプはその反対に水分を含んでいるものです。
さらにソフトタイプにはセミモイストタイプ、ウェットフードなどがあり、セミモイストタイプは水分が25%~35%前後のモノで、離乳食や老犬に適しています。
ウェットタイプは、レトルトパックや缶詰などの形状で販売されている水分が75%前後のモノで、風味がとても強いのでワンちゃんは好みますが、歯石になりやすくて顎が鍛えられないというデメリットがあります。
これは水分摂取をあまりしないワンちゃん向けの餌となります。

これらに対してドライタイプは、長い期間保存ができ、歯石になりにくく、顎を鍛えるのに最適です。ドライタイプは値段も安いモノが多いのが特徴なので、選ぶ時にはワンちゃんの害になるような添加物が含まれていないか十分に確認した方がいいでしょう。

またソフトタイプはどうしても開封してしまうと長持ちしないデメリットがあり、何よりもほとんどは子犬や老犬用として利用されることが多いモノです。

このようにソフトタイプのドックフードとは、乾燥したドライタイプとは異なるモノで、主に子犬や老犬用として利用される餌です。
人間が手作りしたドッグフードもソフトタイプとなり、保存が長く利かないのも特徴です。