チョイス

外国産のドッグフードは安全?

中国の食の問題が現在でも騒がれていることもあり、食の安全性の問題が日本ではかなり注目されています。
自分の口に入れるものはやはり国産のものがいいという人が多いのは当然のことですが、果たしてドックフードも国産のものが安全だと言えるのでしょうか。

外国産にもいろいろな国があるので一概には言えませんが、日本で販売されているドックフードで有名なのはほとんどがアメリカ産です。
またペット愛好家が多いヨーロッパ製品も、日本ではたくさん販売されています。
実は日本はドックフードの分野では完全に遅れを取っているのが現状で、ペットフードの先進国であるアメリカを手本としているが現実です。

一昔前まで日本では、ペットや番犬であるワンちゃんには人間が食べたご飯の残りに味噌汁をかけて与えるのが一般的でした。
それに対してペットフード先進国であるアメリカやヨーロッパ各国では、その研究をどんどん進めて、安全性が高い商品を開発し、ペットフードに関する法的整備も進んでいます。

その点日本ではペットフードに対しての法的整備がされていなく、かろうじてペットフードメーカーが集まる任意の団体がその安全性を訴えて確認している状況です。
日本ではペットフードの中に人間用としては認可されない添加物でも使用できるものもあり、ドックフードにもそのようなものが配合されているものはたくさんあります。
ドックフードに必要な成分も少量だったりします。
そんな中では外国産のドックフードは安全ではないとは言えません。

ただしはっきり言えるのは、国産でも外国産でも安価で販売されている商品にはおすすめできるものはなく、ある程度の値段で販売されているものはそれなりに良い商品が目立っています。
その理由はやはり品質を高めるためにはそれなりの原材料や管理体制が必要になるからです。

したがって愛犬のドックフードを購入する際には、国産・外国産を問わずに原材料に何が含まれているかを第一に注目して選んで下さい。

このようにドックフードに関しては、国産だから安全だという認識は間違っていて、ペットフード先進国と呼ばれているアメリカやヨーロッパ製品の方が、安全面に関しても優れている商品がたくさん日本国内でも販売されています。